FC2ブログ
ホームアーユルヴェーダ>ジャイプールでアーユルヴェーダ

Wed2013.04.24

ジャイプールでアーユルヴェーダ

今日は、ジャイプールでアーユルヴェーダのマッサージを受けました。

ジュエリーのビジネスパートナーのインド人が、まだ30代だというのに、一度軽い心筋梗塞で救急車で運ばれたことがあるというので、会うたびに「お前の血はドロドロだ。ライフスタイルを改善しないとヤバイよ〜!奥さん、こまるよ。子供まだ小さいのに」と脅してました。
アーユルヴェーダのこともさんざん聞かれて、私のツアーに参加したいと言っていたのですが、今まで予定が合わなかったのです。
別にインド人が私のツアーに参加しなくてもいいので ( 日本語分からない人に参加されても、私がめんどくさいわ〜) 、「施設は紹介してあげるから、家族皆で行ってきちゃって」と勧めていました。

ソイツが、今回、アーユルヴェーダの病院に通いながら、14日間のパンチャカルマに挑戦!
もともとかなりデブなので、体重減った気配はなかったんですが、なんだかいつもより元気がみなぎって、目がキラキラしてる感じ。
「いや〜、アーユルヴェーダはスゴイ!体が固くてコチコチだったのに、今は柔らかくなったし、ホントに疲れなくなった。体重も3kg減ったんだ!前と顔が全然違うでしょう?」だって。
いやいや、全然違いません。ソイツの体重で3kgしか減ってないなら、ホント、全然ワカンないから。
で、彼はどうしても、私にその病院を紹介したかったんですよ。

彼はパンチャカルマをスタートして、すぐに体の変化を感じたらしく、ドクターの指示を忠実に守って、接待の席でもお酒を飲まず、ほとんど毎晩家で野菜を食べていたそうです。
まあ、もともとヴェジタリアンなので、食事の苦労はなかったんですが、今までは毎晩出歩いて、相当飲んでたらしい。
でも、やる気になれば、できるんじゃん?
ちょっと体の変化を実感すると、どんどんやる気になるので、良い方向にベクトルが向きさえすれば、あとは簡単!

すっかりアーユルヴェーダが気に入った彼は、自分の弟に「お前も行った方がいい。お前の血はドロドロだ」と脅してました。
彼の弟も、昨年救急車で運ばれているんです。体質似てるんでしょうね。
でも、ヴェジタリアンなんですよ。
暴飲暴食するわけでもないのに、皆デブだし、インド人って不思議な体質です。

で、ジャイプールの病院。
清潔で、トリートメントも上手ではありましたが、パンチャカルマをやるなら、やはり施設に滞在してゆっくり至れり尽くせりされたいですね。
病院なので、トリートメント後にシャワーも浴びれず、「シャワーは1時間後以降に」と言われて、シロダーラ後の髪にはシャワーキャップをかぶらされて帰宅です。
まあ、インドだからいいか?!ーと思って、そのままトゥクトゥク乗りましたけど。

その病院は誰に紹介されたのか聞いたら、「俺のお客のイタリア人」だって!
日本人にアーユルヴェーダを教えられ、イタリア人にジャイプールの病院紹介されてるインド人って、どうなんでしょう???



スポンサーサイト



COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバック URL
http://ayurvedanavi.blog.fc2.com/tb.php/111-a744605f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)