FC2ブログ
ホームスリランカ>スリランカ世界遺産観光(1)

Sat2013.09.14

スリランカ世界遺産観光(1)

バーベリンでのツアーを終えてから、スリランカ内陸部の世界遺産観光に行って来ました。

今回でスリランカは7回目。ところが毎回バーベリンに行くだけで満足してしまって、他の場所に行くという発想がなかった
まあ観光するとなると毎日何時間もの車移動は必須なので、せっかくアーユルヴェーダで癒された体に無理はさせたくなかったしね。

で、今回はシーギリアダンブッラに行きましたが、いや、ものすごく良かったです!素晴らしい所です。また行きたい!

初日はバーベリンのあるヴェリガマからまずコロンボまで3時間、その後シーギリアまでなんと5時間、1日合計8時間の車移動 でも、アーユルヴェーダでプラクリティ( 皆さん、レクチャーで説明しましたね?宇宙から頂いた本来の私のドーシャバランスですよ!) に戻ったお陰か、全く疲れ知らず!
そう!私、最後のコンサルで「ドーシャはバランスが取れましたよ」とドクターにニコニコしながら言われて、ちょっとビックリ。5月のインドでやった18日間パンチャカルマの効果は続行中。バーベリンに着いた時は、ヴァータとピッタが少し過剰だったのですが、一度しっかりデトックスすると、簡単に戻れるのね。やった〜!

というわけで、元気いっぱいだった私は、シーギリアの1202段の険しい石段もスイスイ登れました
意外と体力あったわ〜!うれぴー!
( 階段は大丈夫でしたが、他に困ったことはありました。それは後ほど)

2つの遺跡を訪ねるのに宿泊したのは、ジェフリー・バワのホテルHeritance Kandalama
ついに念願のバワ・ホテル体験です。
ホテル予約サイトの口コミで「1泊ではもったいない」と書かれていたので2泊にしましたが、それでも足りなかった。
とにかく、そのロケーションの良さといったら!!

P1030378.jpg
カンダラマ湖のほとりのジャングルに埋もれるように建っています。シーギリア・ロックからは20km離れていますが、ホテルからちゃんと見える!湖には像も来たりなんかして。このホテルの他には何もなく、絶景を独り占めです。

P1030383.jpg
部屋のテラスからの景色。ジャングルと湿原の先に湖。湖の向こうにはシーギリア・ロック。緑がまぶしい!

到着するとまずは、そのスケールの大きさに驚きますが、全体の建築デザインの奇抜さと、中の細部にまで行き渡る繊細な感覚との両立に、本当に感動します!

P1030380.jpg
ロビーのカフェ。ここでウェルカムドリンク頂きながらチェックイン。

P1030377.jpg
ロビーの先にはカンダラマ湖に面したインフィニティ・プールが! 

P1030381.jpg
全長約1kmという広大な建物の中はなが〜い廊下があります。ところどころがオープンエアで、ジャングルだったり岩山だったり。自然の生かし方がカッコいい!

P1030382.jpg
廊下の一角にはこんなスペースも

P1030376.jpg
カナダラマのシグネチャー的なフクロウの彫刻。レストランの入り口にあります。
やっぱりバワは天才。バワの建築に感動してアマンのホテルを作ったゼッカーと同じ気持ちになります。

P1030411.jpg
絶景レストラン。ここで毎日朝食を食べました。レストランはほかに2つ。

スリランカという、インドのオマケみたいに思われてる国は、ホテルに関しては群を抜いて素晴らしいです。
天才建築家のジェフリー・バワのホテルも各地にいっぱいあるし、小さくてスタイリッシュなデザインホテルも沢山。私がコロンボで泊まった D-Vilasというブティックホテルも素敵でした。
なんせバーベリンみたいに、アーユルヴェーダの施設までバワ建築なんですから。そのレベルの高さが分かります

それと同時に素晴らしいのは、ホテルでのホスピタリティ溢れるサービス
バーベリンのスタッフの気の配り方や感じの良さは皆さんもご存知の通り。
きっと国民性なんでしょうね。コロンボのホテルもカンダラマも、本当にスタッフがニコニコ感じが良く、ホテルマンとしての教育が徹底されています。
それは「ホテルマンは、お客様の希望をすべて叶えることにベストを尽くす 」という理念。フレンドリーでありながら、分をわきまえていて、ひっそりと見守られている感じ。サイコーです。
しかも、何故か英語がインドほど訛ってない。これもストレス軽減です。

そして、この旅が実現できたのは、運転を頼んだサンパスが居てくれたから。
P1030413.jpg
前回来た時、ホテルから空港への移動の車を頼んだら、来たのがサンパス。その時に「会社を立ち上げたばかりなので、良かったら使って下さい」と名刺をもらいました。

サンパスに今回の旅程を相談したら、メールのレスは迅速だし、リーズナブルだし。2日間一緒でしたが、エアコンの温度など常に気を使ってくれて、本当にいい人。車も新しいトヨタ・プリウスだったので、乗り心地も問題なかったです
スリランカへの個人旅行を考えている人は、誰でもご連絡下さい。
いつでも紹介します。

スポンサーサイト



COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバック URL
http://ayurvedanavi.blog.fc2.com/tb.php/155-b80fa6e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)