FC2ブログ
ホームアーユルヴェーダ>オイルでうがい

Tue2013.12.24

オイルでうがい

最近始めたことで「これは!」と思うことがあります。
アーユルヴェーダでは「ガンドゥーシャ」、英語では「オイル・プリング」というそうですが、オイルでする「うがい」です。
うがいといっても、喉でガラガラしてすぐに吐き出すものではなく、オイルを口に含んで、口内をまんべくなくグチュグチュしながら15~30分おくもの。
これが、すごく気持ちいいんです~~~~!

私はココナッツオイルでやっていますが、ごま油でもオリーブオイルでもOK。
(サラダオイルとかはダメですよ、いろんな添加物入ってますからね)
これをやると、歯がツルッツルになります。なんと、頭もスッキリする!

15分以上口にオイルを含むことで、体内の毒を口内から排出させることができるんだって
やり続けると歯周病や虫歯の治療や予防、はたまた口臭といった口内のことばかりでなく、顔の皮膚がキレイになる、白髪が減る、など本当にいろいろな効果があるそうです。
うがいしてる間、口の周りの筋肉を相当動かすので、法令線の予防や緩和は即効です
も~、アーユルヴェーダのドクターったら、こんなにいいこと、さっさと教えて欲しかったわ~

オイルも、ココナッツオイルはデトックス効果が高く、香りが良くて美味しいので、一番のオススメ。
私は、iHerbで買ったエクストラ・ヴァージン・ココナッツオイルを使っています。
ココナッツオイルはお料理にも適しています。ほかのどんなオイルよりも酸化しにくいので、高温の調理に向いています。

ほかにはゴマ油もいいようですが、ゴマ油をガンドゥーシャに使う時は、一旦熱したものを冷ますという処理をしないとダメなので、ちょっとめんどくさい
それと、ゴマ油は温める性質があるので、炎症がある時には使えません。反対にココナッツオイルは冷やす力があるので、炎症を抑えます。
でも、今日、マハリシ・クリニックで処理済みのゴマ油も買ってきたので、これでもやってみようっと!

ココナッツオイルや処理済みゴマ油がなくても、亜麻仁油やヒマワリ油、グレープシードオイルでもOK。
サラダ油のような添加物の入っているオイル以外なら、だいたい使えるようですね。これ読んで「すぐやりたい!」と思ったら、お家にあるオイルで試してみて下さい。

やり方は簡単です。
空腹時がデトックスにはベターだそうですので、朝起きたら、朝食前が最適。

1)適量(大匙1杯―と書いてあるものが多いのですが、もっと多目の方がいいと思う)のオイルを口の中に入れる
2)15分~30分くらい、口内の隅々までオイルが行きわたるようにグチュグチュうがいをする
(最初は、すぐにオイルを吐き出したくなるので、5分とかでも大丈夫。徐々に長くできるようになります)
3)終わったら、口からオイルを出して、口をすすいで終了。このすすぎは塩水でやると更にいいです。さっぱり感もUP!

アーユルヴェーダ・ツアーに来て下さった皆さんは、タング・スクレーパーでの舌のお掃除は欠かせなくなっているようですが、このオイル・プリングも病みつきになりまっせ~!
是非、お試しを
スポンサーサイト



COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバック URL
http://ayurvedanavi.blog.fc2.com/tb.php/175-bf7be771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)