FC2ブログ
ホームHealth & Beauty>博多むらつ歯科クリニック

Mon2014.11.24

博多むらつ歯科クリニック

さてさて、せっかく福岡まで来たので、歯医者さんにも行って来ましたよ。
博多駅前の「むらつ歯科クリニック」。
ここは、院長の村津和正先生が提唱する「歯は食物を噛むためだけにあるわけではない。体の大事な臓器である」という考え方を基盤に、自分の歯で死ぬまで噛めるように、歯の健康を守りながら、噛み合わせ調整で体全体の調子を整える治療をしています。

10年ほど前には、全国版の朝日新聞に、村津先生の噛み合わせ治療で、歩けなかった人が、その日に歩けるようになったり、様々な難病治療に成功した例が紹介されて、予約が1年待ちだったこともあります。

私は、子供の頃に虫歯治療で詰められた金属から出続けている毒素が、自分の体に悪さをしていると思い、村津先生に辿り着きました。先生は噛み合わせ治療と並行して、歯に詰められた不適合金属を除去して、患者の体に適合する合金での歯科治療をします。
福岡まで歯の治療に行くなんて、一か八かの賭けでしたが、不適合金属を1本1本除去するたびに、長年悩まされていた口の辺りの吹き出物が減っていったので、私にはビンゴでした。
その時に、母も行きたいと言ったので、一度連れて行きましたが、痛くて上げることが出来なかった手が、噛み合わせ治療後、すぐに上がるようになりました。

今回村津歯科に来たのは、ほぼ10年振り。
今月は膝の故障もあったので、噛み合わせのチェックと、ここ2年くらい気になっている奥歯の炎症を診てもらいました。
奥歯は確実に根っこの部分に炎症があるんですが、前に東京で治してもらった提携医院がなくなってしまったので、ずっと歯医者に行きそびれていたんです。

噛み合わせについては「大分時間空いたよね?相当ズレてるわ〜」と言われましたが、先生に調整してもらった後は、前日までまだ痛かった膝が、いきなり良くなった感じがありました。
東京の整形外科で「長年の歩き方の悪い癖で、膝の内側の軟骨が減ってきている。歩き方を正しくするリハビリが必要」ということだったので、次回のリハビリが楽しみです。

奥歯の根っこの炎症に関しては、CTを撮って確認した結果、「すでに根っこの部分がひび割れているので、治療をしても治らない。インプラントにしませんか?」ということになり、もう一昨日福岡で歯を抜きました。
SMAPのコンサートでもなければ福岡には来ないので「いやー、次回で」なんて悩んでる暇はなかったわ。

ただ、2日目のコンサートに行く前に歯医者に行ったので、抜歯するという話になった時には、「実は今回、SMAPのコンサートで福岡に来たので、抜歯した直後にコンサートは辛過ぎる。抜歯は終わってからで!!」とお願いして、1日待ってもらいました。先生には笑われたし、病院中で話題にされちゃいましたけど、頼んで良かった!
村津先生の所には今でも全国から患者が来るので、「SMAPのコンサートだから、今どこのホテルも取れないんだな。ウチの患者さんが困ってたけど、やっと理由が分かったわ〜」と言われたので、ファンを代表して「皆さんにご不便お掛けして申し訳ございません」と謝ってきました。

その晩はコンサートで心置きなくハジけて、翌日の午後、飛行機に乗る前に抜歯しました。今はまだ口の中の違和感が激しいけど、まあ腫れることもなく無事でございます。
これから半年、歯茎に骨ができるのを待ち、その後インプラント手術をして、最終的に冠をかぶせるまでに1年弱掛かります。長い道のり・・・・・
しかし「ついにインプラントか・・・・・・」って感じだけどね。小さい頃から甘い物大好きで虫歯も多かったから、まあ仕方ないけど。こういうことって、ホントに長年の積み重ねだから。

歳を取るって、いろいろと体の問題が出てくることなのねーと、ここんとこ続け様に思い知らされてますが、全部自分の責任。
だからこそ、「無知が一番の罪」と感じる今日この頃です。
私が若い時には、食べ物のこととか、虫歯の詰め物とか、なんの話題にもならなかったもん。親も知らなかったんだから、仕方ないけどさ〜。
気付くことができただけでOKと思って、体が自分で修復できるように地道に努力するしかないっす。

SMAPが福岡に連れて来てくれたから、歯医者にも行けたし。もう歯がダメだってことも分かったし。
老齢への過渡期であることは間違いないので、今がまた体が大きく変化するタイミングなのかもしれません。
事実を淡々と受け容れ、できることをやるわ。
ま、福岡通うのは嫌じゃないしね。
スポンサーサイト



COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバック URL
http://ayurvedanavi.blog.fc2.com/tb.php/238-b59ae610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)