FC2ブログ
ホームDr.サダナンダの病院>サダナンダ先生の病院 第1週目

Thu2015.03.12

サダナンダ先生の病院 第1週目

BSDTホスピタル第1週目

ジャイプールでの仕事を終えて、ワゴリというインド西部の村(町?)に移りました。脈診の名医と言われるサダナンダ先生のアーユルヴェーダ・ホスピタルBSDTに、3週間のパンチャカルマにやって来たのです。

「よっしゃー、2年分の毒素出すぞー!」と本当に楽しみにして来たのに、第1週目はスチームバスまで含めて、1日たった30分という、メチャクチャ物足りないトリートメント。しかも、初日から訴えているヨガで傷めた足腰のケアは完全に無視されて、腰痛も脚の筋の痛みも、毎日酷くなる一方でした。

なにより一番腹立ったのは、サダナンダ先生がたった一度の脈診もしないで、「コンニチワ」「アリガトウ」って挨拶だけでオーストラリアに行っちまったこと。「てめー、もう帰ってくんな!」と思ってもいいよね?ここ、病院だけど、全然病院値段じゃないから、文句も言わせてもらうわさ。お前は外国に客引きに行くだけかい??

サダナンダ先生が不在になるのは聞いてたけど、回診に来るなら、脈診るだろ??日本語で「アリガトウ」って、「ここまでお金落としに来てくれてアリガトウ」としか聞こえなかった。
後から、先に入院中の日本人の患者さんに聞いたら、「先生!脈診して!して!!」ってゴリゴリ行かないと、ここでは脈診しないんだって。でも、ゴリ押しして診てもらった人は一人だけ。他の患者さん達4人は一回も脈診してもらえず、「インドまで来て、サダナンダ先生が一回も脈診してくれないなんて・・・・」と意気消沈してました。

でも、脈診しないのはサダナンダ先生だけじゃない。主任のGayal先生始め、ドクター達は脈の話なんか全然しない。
私がツアーやってるIVACやバーベリンは、病院じゃなくて施設だけど、毎回脈診しますけど〜。着いた時にどんなドーシャの状態で、どれだけ毒素溜まってるかとか聞きたいし、退院する時にどれだけ改善したかとか分からずに帰るなんて、あり得ん!!

もう退院という時に、意を決して「私のドーシャタイプを教えて下さい」と主任のGayal先生に訴えた日本人の患者さんは、「それを知りたいなら、質問票に答えてくれればタイプを特定します」と言われてました。それなら自己診断と変わらないわな。
これ、全部事実です。

「サダナンダ先生は日本で別料金を払わないと、脈は診ないってことだよね」と入院中の日本人同志で話していました。
脈診の名医が治療に携わってくれるのを期待して、いつものIVACではなく、わざわざワゴリまで来た私は、騙されたような気分になりました。

でも、元々インドでは「期待」ってものは持っちゃいけないんだった。
結局、ここもインド・スタンダード・レベルってこと。値段は外人値段ですけどね。

初日からアビヤンガ、スチームバスという内容でトリートメントはスタートしたけど、全部で30分もかからない、とんでもなく短いトリートメント。マッサージは体の表裏で速攻終了だったので「え?ホントにこれで終わり??」って、初日はベッドの上で呆然でした。
いつも行くマイソールのIVACは、椅子に座ってのヘッドマッサージから始まって、首・肩・背中までやった後、ベッドに上がってまず顔、そして体の表・右サイド・裏・左サイド、もう一回表だから、マッサージだけで1時間以上かけるし。今までいろんな所でマッサージ受けたけど、間違いなく、ここが最短記録。

それとここは、マッサージは全部ドクター達がやるんですが、これが微妙。ハッキリ言って、IVACの熟練セラピストの方が技術も心遣いもはるかに上。ここのドクター達のマッサージは、プロのセラピストの技術じゃない。ドクターの研修って感じ。

さて、ここで治療の要になっているのは、初日から最終日まで欠かさずやる浣腸。ここでは、これが「パンチャカルマ」(アーユルヴェーダの毒素排出療法)ということらしい。ただただ毎日ひたすら浣腸の日々。少量のオイルの浣腸の合間に薬草液を大量注入する浣腸も加わって、ただただ浣腸・浣腸、また浣腸・・・・・・・。
聞いたところでは、最終週は毎日、薬草液大量の浣腸だって。
3週間も浣腸され続けたら、自分で出す力がなくなるんじゃないの??浣腸は決して気持ちいいものじゃないから、ホントに毎日憂鬱でした。

先月のヨガで傷めた脚の筋は相変わらず痛いし、半年以上前に転んで傷つけた腿の筋肉は更に痛みを増してるし、腰の痛みも広範囲に広がってるっってのに、ここはポリキリ( ハーブボールのタッピング治療)もカティバスティ(腰の集中治療) もなし。一体どういうことなんだろうね??
カティバスティは、腰痛ある人に必ずやるようなポピュラーな治療だと思っていたので、到着後すぐに「脚の痛みも腰からきているので、すぐにカティバスティはやって欲しい」とリクエストしていましたが、完全に無視。 なんだか「面倒なことはやりたくない」って雰囲気も感じました。

足腰は毎日痛みが増していたので、4日目には自己判断で持参していたロキソニン・テープを腰と膝裏に貼って寝ました。
翌日の主任回診の時に「今日はどう?」と聞かれたので、「もう痛みに耐えられなくて、寝る前にロキソニン・テープ貼ったので、今は痛くないです」と答えたら、さすがに2週目からはカティバスティをやることになりました。主任が「じゃあ2週目はシロダーラなしで、カティバスティを」って、ヒンディー語で下っ端ドクターに指示したのは聞き逃さず、「いえ!頭も疲れてるので、シロダーラは絶対必要。どっちかじゃなくて両方!!」とゴリ押しして勝ち取りました。ったくさ〜、いちいちケチってる感あるんだけど、なに??

最初の3日間で、「これじゃ治療にならん!返金交渉して、今からでもIVACに移ろう!」と思いましたが、アーユルヴェーダは最終的には結果を出してくれる治療法。せっかくここまで来たので、我慢して病院治療を経験することにします。毎日の浣腸がどんな結果を出すかを見届けるために、3週間我慢してみます。

スポンサーサイト



COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバック URL
http://ayurvedanavi.blog.fc2.com/tb.php/256-e718d5c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)