FC2ブログ
ホームDr.サダナンダの病院>サダナンダ先生の病院 最後に

Thu2015.03.12

サダナンダ先生の病院 最後に

帰国して3日経ちました。
まだ、BSDTホスピタルの治療効果をジャッジできるわけではありませんが、先に体験記をUPしました。

病院の体制には腹が立ってますが、日常私達の世話をしてくれたマウシーさん(メイドさんみたいな人達)達は、英語も喋れないけど、いろいろと気付いてくれて、とてもお世話になりました。
私の担当のスラクシャナ先生は、ドクターの中では一番トリートメントが上手のようでした。後半は彼女とトリートメント中にいろんな話もして、決して彼女のことを嫌いではないけど、やはり上の言いなりで、信頼できるーとまではいきませんでした。

スクマール先生は、サダナンダ先生に比べたら、本当に感じが良かったけれど、経営の方が忙しくて、基本は患者を診ないようなので、インドまで行っても普通は診てもらえないんだと思います。

多分、BSDTだけが酷いのではなく、これがインドのアーユルヴェーダ・ホスピタルのスタンダードだと思います。
コテージや病室の状態よりも、トリートメント・ルームの汚さが気になりました。スチームバスは蒸気で傷みも早いんでしょう。病棟のトイレの窓は割れたまま放置されています。
こういうことは、ある程度の清潔さがないとストレスになる日本人には、なかなか辛い体験です。何日かは我慢できても、3週間となると、最低限の施設の快適さは必須です。商業施設的要素を持つ、病院ではない治療施設の方が、やはりメンテナンスには気を使っています。
スクマール先生は、施設がリニューアルしても、今の値段と変わらずに滞在できるーと言っていましたが、どうなるんでしょうね?建物が新しくなっても、メンテしなければ、すぐに汚くなるのがインドの建物だし。
また、本当に値段が変わらないとしたら、私は最悪のタイミングで行ったということです。

病院を出てすぐに、鼻の下に結構大きい吹き出物が出現。パンチャカルマ後にこれって、消化不良??しかも便秘気味だったので、トリファラ飲んだり、ひまし油飲んだりして自分で改善しました。
2年前にIVACで行った18日間パンチャカルマとは大きな違いです。
この後も奇跡が起きるとは思えないので、今回はガッカリな結果です。

「ワゴリのサダナンダ先生の病院」で検索すると出てくる他の方のブログには、良いことしか書かれていないようですが、すでに15年以上前のものも多く、その時は今と治療法も対応も大分違うようです。多分、施設もまだキレイだったのでしょう。また、「信じるものは救われる」的な効果も大きいと思います。
この後、少しでも「良かった」と思えることが出てきたら、また報告します。
スポンサーサイト



COMMENT

+初めまして

レポありがとうございます。

私は去年の夏、アーユルヴェーダの施設を探している時にサダナンダ先生についての日本での活躍を知り、ぜひ彼の施設に滞在したいと思いました。しかし、母にホームページを見せたら行くことに反対されたのです。写真を見て、良い気を感じないと。
先生の脈診の名妓についての文章をインターネットでたくさん読んでいたものですから、大変名残惜しい気持ちで、他の施設を利用しました。そして、この記事を読むまでも、気になってはいたのです。

今回の記事を読んで、本当に行かなくて良かった、親に感謝、と思いました。正直、ネットの評判との乖離が激しすぎて、凄く残念です。こういうこともあるのか、と、無知の知と言いますか、ある意味勉強になりました。

それも、今回こうして記事にして頂いたおかげです。どうもありがとうございました。これだけで、どれだけ嫌な思いをする人が減るでしょうか。

そして、大変な旅、どうもお疲れ様でした。こらからも、本当のアーユルヴェーダの偉大さに、包まれますように。。。

+コメントありがとうございます

かよ様

長い長いレポートお読み頂き、ありがとうございました。
そして、早速このようなリアクションを頂き、安心しました。
ネット上には、私のような感想を持った人はいなかったので、もしかしたら炎上するかもーと、ほんの少し心配だったんです(笑)。
でも、私以外にも多くの日本人の患者さんが来ていて、実際に満足して帰られた人はごく少数だったので、「この実態は伝えなければ!」と思いました。

アーユルヴェーダは素晴らしい!ーと思う気持ちには変わりはありません。
今では、多くの方々が日本からインドやスリランカに治療を受けに行くようになったので、どの施設を選ぶかーは本当に大事ですね。
かよさんにメールを頂いて、伝える役目の私としては、とても励みになりました。
今後も体をはったレポートは続けますので、またコメントして下さいね!!では、どうぞ、お元気で。


TRACKBACK

この記事のトラックバック URL
http://ayurvedanavi.blog.fc2.com/tb.php/260-e859f060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)