FC2ブログ
ホーム西式甲田療法>西式いろいろ

Sat2015.06.27

西式いろいろ

西式甲田療法、まだまだありますよ!食事療法だけじゃないんです。

「西式」というのは、甲田光雄先生が師事していた西勝造というお方が編み出した健康法です。
この西先生が天才だったんですね~
西先生も17歳で結核に罹り「20歳まで生きられない」と言われたので、ご自分で世界中の治療法・健康法を研究して、多くを実践した上で、選択統合したのが「西式健康法」と呼ばれています。
研究のために読んだ本、73000冊。しかも世界中の医学・宗教・哲学・工学などの本を原書で読んでいるんです! 原書ですよ!原書!!
そして、実践した方法はヨガ、鍼灸、カイロ、呼吸法などなど326種類だって
甲田先生もスゴイけど、西勝造は次元が違います。

「西式」には六大法則というのがあって、
1) 平床寝台(板の上に寝る。就寝中に背骨を真っ直ぐに矯正するため)
2) 硬枕利用 ( 半円形の木の枕で寝る。頚椎矯正のため)
3) 金魚運動( 背骨の左右の狂いを矯正して腸の動きを活発にする)
4) 毛管運動( 手足を上に上げて寝て振動させる。血液循環を良くする)
5) 合掌合せき運動 ( 寝た状態でては合掌、足裏を合わせて上下に伸ばしたり縮 めたりする。骨盤の位置を矯正して、下半身の血流を良くする)
6) 背腹運動 (座った姿勢で上体を左右にふり、お腹を出したり引っ込めたりする。背骨を真っ直ぐしてバランスの良い体にする)

なので、私、木枕平床も買ったわ
木枕はこれ。かまぼこ型。桐で出来てます。
P1000334.jpg

これを日本髪の人が寝る時みたいに首にあてて寝ます。「なんだ、寝るだけでしょ?簡単、簡単」と思ったら、首の後ろが縮こまってるのか、首にカーブが合わないし、左側の首筋が鬱血してるのも分かって、痛くて痛くて、とてもじゃないけど一晩当てていられません
1日5分からでも10分からでもいいそうなので、少しづつ時間を伸ばしてます。
これを首に当てて、痛いところをマッサージしたりしてます。う~ん、確かに日々良くなってる。

平床も買ったけど、まだ使ってない・・・・・・・
これは1,5cmくらいの厚みのある板。ここに直に寝るそうな。
ベッドの上に置いて寝てみるつもりです。まあ今日からやってみっか。

「六大法則」の3)~6)の運動は、6)の背腹運動は難しいので、まだ教わっていませんが、ほかのはやってます。どれも2~5分で出来るので苦じゃない。
毛管運動は手足上げてフルフルするだけなんだけど、これは難しいです。足真っ直ぐ上がらないし、全然振動できない。でも毎日やると慣れてきて、ちょっとづつ出来るようになってきました。
金魚運動は、ほんの3日くらいで腰痛がなくなったのでビックリ!!
な~んだ、YOGAより簡単で効くじゃん!?ーみたいな。これからYOGAプロジェクト始まるってのに、ヤバイじゃん。

それと別に「温冷浴」というのもあります。
お風呂で冷水と温水に交互に入るのですが、先に温水からじゃない!
「冷」に始まり「冷」に終わる。押忍!! 武道のような入浴法です。

冷水も温水も1分づつ。夏に入った今から始めたので、なんとかやってるけど、これ冬は無理・・・・・
今も、最初の「冷」は脚の部分だけ20秒くらいシャワーかけて、1分温水のお風呂に浸かり、それから始めます。
もっとも1分くらいじゃ全然あったまらないので、その後の1分冷水シャワーは即効全身鳥肌です!「滝行at HOME」です!
よーやるわ~!ーと呆れている皆さん! この入浴法、3回目の冷水あたりから、足の内側がホワッと温かくなるのを感じるんですよー!スゴイ!
最初にやって、この「ホワッ」を感じた時、私は「西勝造、天才!!」と浴室で一人感動していました

今までは、お風呂であったまってDETOXと思って、デッドシー・ソルトをたっぷり入れ、ラベンダーやローズの精油も入れて、湯船に30分くらい読書しながら、汗たっぷりかいて入っていましたが、西式は汗かいちゃダメなんです。
も~~~、何から何まで今までやってたことと反対!
汗をかくと水分・塩分・ミネラルも失って疲労するから、汗をかかないように冷温を1分づつ繰り返すんだって。

確かに、お風呂から出た後は、今まで汗が引かなくて大変だったけど、この入浴法だと汗かかないので、髪の毛シャッと乾かしてすぐに次のことが出来る。
いや~、目から鱗とは、まさにこのこと。
「西式では、特に皆、温冷浴にハマる」と言われているそうですが、私もハマってます

まあ今日はこれくらいで。
西式甲田療法の話は、強制的に続きます!
スポンサーサイト



COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバック URL
http://ayurvedanavi.blog.fc2.com/tb.php/283-9de32d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)