FC2ブログ
ホームFashion>きものYOKOMORI流

Sat2015.11.07

きものYOKOMORI流

一昨日から東京。
昨日は、朝イチの便で福岡にひとっ飛び。チャチャっと歯医者を済ませて、13時の便で東京に戻り、夜は横森美奈子さんの「利休バッグ展」のレセプションに行って来ました。

「利休バッグ展」は、横森さんが毎年やってる、アートイベント。今年も六本木のギャラリーMITATEで19日まで開催中です。土日は横森さんもギャラリーにいらっしゃるそうですよ。
20151107120447867.jpeg
横森さんの紅い花柄のお着物はヤフオクでGET!カワイイでしょ!? ターコイズブルーの半襟に、グラフィカルな文字が入ったブルーグリーンの帯は手描きのオリジナルです。

そうそう!!横森さんは、こんなお着物の本を出したんです。
お洋服の着瘦せコーディネートの本はいっぱい出していますが、着物についても、着方の新しい提案をしていて、この本は2冊目。
20151107120449c8b.jpeg
「きもの YOKOMORI流スタイル」(主婦の友社) 1300円

横森さんは、ヤフオクなんかで買った激安着物をYOKOMORI流に着こなすことで、着物をすごく着やすいアイテムにした立役者。着物って、呉服屋さんでお高いものを買わされるイメージでしたが、「たんす屋」の出現で、着物がすごく買いやすくなり、著者である横森さんも、最初の頃はよく「たんす屋」にも通ってました。
ヤフオクにも、ホントにいっぱい着物が出ていて、しかも驚きの値段!これを使わない手はないですよね。着物もサイズがあるので、ヤフオクで買ったものを直したりして、愛情かけて着こなしています。

そして「YOKOMORI流」というのは、着方が本当にユニークだから!
これまでの着物好きの方にありがちな「侘び寂び」系のシックな(えてしてシック過ぎる?)な着方ではなく、顔映りの良いキレイな色の着物を選んで、洋服では出来ない色柄の組み合わせを楽しむのが特徴です。
(侘び寂び系は江戸時代からの流行。その前の桃山時代は、綺麗色の華やかなお着物が主流だったそうです)

着物って、お着物本体と半襟、帯、帯締めなど、型は決まっているので、カラーコーディネートで魅せ方が全然違う。純粋に、色や柄のコーディネートが楽しめるアイテムなんですよね。YOKOMORI流は「わ〜〜、こんなんなら着てみたい!!」と思わせてくれる、新しい着物コーディネートです。

ちなみに、71ページには、横森さんのお着物を借りてパーティに一緒に行った私の着物姿も載ってます。
20151107120449048.jpeg
これ、15年くらい前かな??友人のバースデイ・パーティで「プレゼント&お花お断り」だったので、せめてーということで、着物姿での参加という、私達なりのプレゼントだったのでした。
この後から、横森さんはせっせと着物を着出し、私は面倒臭さを乗り越えられず、着ないまま今に至ってます。
でも、そろそろ着物もいいかなーと思います。やっぱりお着物はエレガントですもの。仮住まいなので、着物はまだ倉庫に眠ってますが、早く起こしたい。引っ越ししないとね〜。

スポンサーサイト



COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバック URL
http://ayurvedanavi.blog.fc2.com/tb.php/315-a259e6de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)