FC2ブログ
ホームFashion>ネイビー・フリーク

Fri2015.12.11

ネイビー・フリーク

昔は「ネイビー」なんて制服っぽくて真面目でつまらない感じがして大嫌いだった。40歳過ぎるまでは絶対に着なかった。

30代は「黒」ばっかり。大人っぽくシャープに見えるし、ファッション業界では「黒さえ着てればオシャレ」の法則が確立してしまったのもこの頃。いまだに業界人は黒づくめなので、食事会とかあってズラッと並ぶと「お葬式ですか??」って感じになってしまいます。まあ、黒は便利です。着やせ効果もある。でもさ~、もう安易に黒着るの止めようよ。もう少し「装う」ことを楽しもうよ!

個人的には、黒ばっかり着ていた30代を過ぎて、もう黒に飽き飽きして着なくなったら、自然にネイビーが増えました。今はクローゼットがネイビーばっかり!特にここ数年は、ニットもボトムも何かとついついネイビー買ってました。十分に歳もくったので、ネイビーの若々しさやキリッと真面目な感じを欲しているんでしょう。(それが自分にないから、外から補わないといけません)

で、今年も新しいコート買いましたけど、やっぱりネイビー、しかもダッフルコート!
ダッフルコートも、昔は嫌悪してました。「いい子ちゃんが着るもんじゃん?」みたいな。
でも、気が付けば、ダッフルコートも家に3着ある・・・・・・・

1着目は7,8年前にコムデギャルソンで買ったJUNYA WATANABEのショートダッフル。まあコートというよりブルゾンかな。
201512111828532bc.jpeg
明るいネイビーで、結構ピタピタのシルエット(だから買ったんですね)。丈がちょうど良くてスカートにもパンツにも合います。JUNYAだから、ダッフルといっても、、ちょっとアヴァンギャルドな匂いが加味されていて、それが新鮮だったんですね~。ダッフルなのに「いい子ちゃん」の感じがないんです(いや、私にその感じがないだけかな??)。これは、なんやかや毎年着てます。

2着目は2年前に買った、これもJUNYA WATANABE
20151211182854c6e.jpeg
こちらはネイビーというよりブルーに近い明るい紺色。ダッフルだけどダウンジャケットです。
この年のJUNYAのコレクションは、ライダースジャケットをダウンで作ったり、いろんなアイテムにダウンを採用していました。マントもカッコ良かったんだけど、あまりに動きにくかったのでダッフルにしました。あったか~い!!そして、フード部分にはダウンが入っていないので、スッキリ着られます。
これもデニムとか合わせないで、スカートを合わせたフェミニンなかっこの方がいいですね~。大人はやっぱりカジュアル度が強過ぎるとイタイ。キレイなかっこに1点だけカジュアル・アイテム投入くらいのバランスがベストです。

そして、今年買ったのはこれ。英国製のLONDON TRADITIONのダッフル。今度こそ、ほんまもんのダッフルですわ~
20151211182855ff8.jpeg
ダブルフェイスの中の生地はチェックになってます。クラシック~~!!

でもこれ、小さ目の34サイズ探すの、ま~~苦労しました
日本のセレクトショップでもLONDON TRADITIONとのコラボいっぱいしてるんですが、サイズが36止まり。実はベイクルーズの通販で1着買ったんですが、着てみたらやっぱりデカくて、もっさりした感じ
2年くらい前に、エディ・スリマンがデザイナーに就任したサン・ローランで膝丈のダッフルコートを出していて、それはピタピタな感じでカッコ良かった❗️ダッフルコートはトラッド・アイテムなので、普通に着てしまえば、なんの面白味もない普通の人。それを大人がオシャレに着るためには、シルエットは最重要です。
ベイクルーズで買ったダッフルは返品しようと思ったら、義理の妹が喜んで引き取ってくれたので(彼女にはピッタリ!私が求めるシルエットが出てた)、悔しいから、もう必死でネットを見まくりました。探しに探してやっと見つけたのは楽天のサイト。こんなところにもあったんか~?!って。ちょっと丈が短めな感じだったので、「短かかったら返品しよう」と思って買いましたが、バッチリでした!うれぴ~~~~!!
ダッフルコートでも膝丈だと結構エレガント。もっと寒くなったら、ユニクロのウルトラライトダウンを中に着れば無敵です

ロングコートはいっぱい持ってたんで、もう数年以上来てなかったけど、今年は復活したし。新しいダッフルも活用します。静岡でも出掛ける用事を作らないとね~。

来週前半は静岡でジュエリー展示会やります。
12月14日(月)、15日(火)、16日(水)
ご近所の方は遊びにいらして下さいね。こちらにコメント下さるか、HPのフォームメールでご連絡下さいませ。場所をお伝えします。
スポンサーサイト



COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバック URL
http://ayurvedanavi.blog.fc2.com/tb.php/323-014a999e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)