FC2ブログ
ホーム日々のこと>SMAP解散

Sun2016.08.14

SMAP解散

ついにSMAP解散が正式発表になりました。

私の中では、解散が一面トップになった1月の時点で、すでに覚悟はしましたし、
その後の、メリー喜多川にやらされたワケの分からない謝罪会見で、
決定的に木村拓哉が大嫌いになってしまったので、
今さら〜〜??ーなんですけど、
まあ今までブログでもさんざんSMAPのことは
書いてきたので、ケジメとして。

SMAPメンバーには、心から「今までありがとう。長い間、お疲れ様でした」と言いたいです。
25年ですよ
ジャニーズ入って、アイドルになったら、魂売って、すべてを捧げなければならない。
もちろん、プライベートなんてありません。「自由」とかゼロです。
本当に過酷な仕事です。
それを、25年間やってきたんですから、ほかに言葉がありません。

人気がなくなれば、結婚したり、子供作ったり、離婚したりーとかいろいろ出来ますが、
SMAPは20年間トップアイドルだったので、20年間丸々、全く自由はなかったわけです。
(木村君は、その間、結婚したし、子供も出来たし、うまくやりました)

香取君は小学生の時からSMAPなので、これからは精一杯「人間らしさ」を取り戻して欲しい。
事務所辞めたら、芸能界も引退して、今一緒にいる人と結婚して子供も作って頂きたい。
(彼女、年上だったら、子供大丈夫かな??)

吾郎ちゃんと剛君は役者として、これからも活躍して欲しいけど、
SMAPの看板なくなって、キャスティングとかどうなんだろう?
本人の実力が試される。その面白い展開を見守りたい。

中居君は、MCとしては、ジャニーズやアイドルでなくても、芸能界に確固たる地位を築いてるから大丈夫。
この人、若い時はすんごいアホ丸出しだったけど、頭良いよね〜。
人間的にも評価高い。芸能界で揉まれて、本当に成長した人です。

そして、多分、SMAP解散して一番ヤバいのは木村拓哉。
これは、1月の解散騒動の時から、「実は拓哉が一番何も持ってないよね」って話してました。
だって、SMAPのベール剥がれたら、キムタクってただのおっさんだったから。

打算でメンバーをあっさり裏切る、保身の塊の中間管理職みたいなおっさんですよ。
アイドルの「SMAP木村拓哉」はやってたけど、役者じゃないし、
(去年の「アイムホーム」初めて「キムタク」じゃない役だったけど、酷かったもんね)
ほかのメンバーに求められてるものは才能だけど、木村拓哉に求められてるものは「キムタク」。
でも、「キムタク」はSMAPの一部だったから、SMAPが消滅するのと同時に「キムタク」はなくなった。

は〜〜〜〜〜
てなこと言ってる私は、長年木村拓哉ファンでした。
ライブに行ったら、拓哉以外も全員カッコ良くて、SMAP全員が好きになったけど、
ライブ中も、4時間のパフォーマンス、1秒たりとも気を抜かない全身丸ごと「キムタク」は、本当にカッコ良かった。

1月の解散騒動の時には、一時、その喪失感たるや大変なものでしたが、
謝罪会見のメンバー見たら、事情が分かって、一発でキムタクが嫌いになりました。
いや〜〜、我ながら、「女ってコワ〜い!こんな一瞬で気持ち、ここまで変わる??」って驚きましたよ
そして、TVって、バレるね。嘘つけない。
キムタクが何を言ったって、裏切って寝返ったのは木村拓哉だって、皆に知られちゃった。

今年9月の、事務所との契約更新を全員がしたって聞いて、
「いい加減に楽にしてあげればいいじゃん。もう元に戻ることはないんだから」と思ってたら、
ついにここで決着がつきました。ほっとしました。

多分「いい年こいてジャニーズかよ?」と呆れてる人は多いと思います。
実際、SMAPのライブは40代、50代、60代が中心で、マジでいい年こいてます。
でもさ〜、私達から言わせると、この楽しさが分からない人は、幸せを受け取る感覚1種類欠落してる気がする。
こんな、何のしがらみもなく純粋に応援できる対象がいるって、本当に幸せだった。
ライブに行けば、エンドルフィン出まくりで、皆若返っちゃったもん。
10代でも50代でも、メンバー登場で一斉に「キャー!!」って叫ぶし。

ジャニーズでなくても、宝塚ファンも韓流ファンも、この幸せを知ってます。
まあ、残念ながら、今のジャニーズ事務所にここまで応援したいアイドルはいないので、
今後は、地道に亀梨君や堂本光一君の舞台でも観ますわ。
特にファンじゃなくても、ジャニーズの舞台は、とっても見応えがあるんですよ。
それまで全然興味なかった人が、舞台やライブ観たら、必ず一発でファンになっちまいます。
(同じ年のハワイ在住の友人が1昨年の嵐ハワイ・ライブ観て、一発で櫻井翔ファンになりましたから)

長々と書いて来ましたが、SMAPの話題はこれで終わり。
本当に、長い間ありがとう。


スポンサーサイト



COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバック URL
http://ayurvedanavi.blog.fc2.com/tb.php/370-0f313dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)