FC2ブログ
ホームHealth & Beauty>インド料理は薬膳

Mon2016.10.17

インド料理は薬膳

今年は台風の被害が甚大で、
今、野菜がメチャクチャ高い!!
私、ヴェジタリアンなので、
直撃されてます。

家でも、よくインド料理作るし
パクチー(香菜)大好きなので
お蕎麦なんかにも
パクチーいっぱい入れたりするんですが、
今日スーパー行ったら
パクチー1束800円でした・・・・
でも、他の野菜で代用出来ないのでね〜
仕方ないわ(~_~;)


漢方薬を使ったお料理を「薬膳」と言いますが、
インド料理って、みんな「薬膳」です。

なんでかっていうと、
インド料理は、もれなくスパイスいっぱい使うから。
クミン、ジンジャー、ターメリック(ウコン)、
フェンネル、コリアンダーパウダー、などなど

クミンは、弱った消化力を補い、
ジンジャーは抗菌作用もあって、体を温め、
ターメリックは血液を浄化する万能薬!

とにかく、すべてのスパイスに
薬のような効果があるんです。

だいたい、中国の漢方薬の原料には
インドのスパイスが全部入っているんですから
インド料理は、もう文句なく「薬膳」
体にサイコーに良いワケです。
そんな食事を毎日していたら、
健康になって当たり前ですよね〜


東京に居た時は
よく家でインド料理を作っては、
人を呼んでいました。

インド料理を食べると、
あまり汗をかかない人も、
汗かいちゃう*\(^o^)/*

食べ終わると、スポーツの後みたいな爽快感。
体が温まって、循環が良くなったのが
すぐに分かります。


一番最初にインドに
アーユルヴェーダの治療に4週間行った時に
スパイスを10kg買って帰って来たのですが、
毎日、家でインド料理を作っていたので、
半年で使い切りました。
お陰で、体も見違えるように元気になったし!

「あなたの体は、あなたが食べたもので出来ている」
変なもの、食べられません!!

今は、時々、出張料理人で、
友人のホームパーティでインド料理作ってます。
全部野菜の薬膳ですが、
男性にも大好評です。
スパイスを沢山使った料理は
味に深みが出て、すごく満足感があります。

そうだ!
言い忘れていましたが
「インド料理」って、
皆さんが思い浮かべる「カレー」とは
全然違うので、誤解のないよう。

「アーユルヴェーダの施設って、
食事は何が出るんですか?」と聞かれ、
「インド料理ですよ」と答えると
「うわ〜〜、朝からカレーですか・・・・」
と、ドン引きされちゃいますけど
違います!!

日本人が思い浮かべるカレーと、
インド料理は全然別物です。
日本のカレーは、すでに「和食」です。
あれ、日本でしか食べられませんから。

重いルーでしっかり長時間煮込んだ料理が
日本のカレーですが、
インドのカレーは、あっさりさっぱり。
火を通す時間も短時間で、
野菜の食感を残すのが普通です。


アーユルヴェーダは南インドが発祥なので、
南インドの料理は、まさに薬膳です。

東京にも最近、南インド料理屋が増えましたね。
南インドでは、ナンでなくてお米を食べるし、
重いギー(純度の高いバター)ではなく
ココナッツオイルで調理したものが多いです。

あまり馴染みがないかもしれませんが、
南インド料理屋さん、見つけたら、是非お試しを。
美味しく食べられて、健康になる料理です。

ちなみに私は、京橋のダバ・インディアに
かなりしょっちゅう行ってます。
土日はインド人ファミリーがいっぱい来てるし、
平日も、2日以上前には予約しないと入れないほど
人気店になってしまいました。
まあ、いいことですけど、
予約して行っても、2時間ピッタリで
追い出すのは止めて欲しいです(~_~






スポンサーサイト



COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバック URL
http://ayurvedanavi.blog.fc2.com/tb.php/376-7f90700d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)