FC2ブログ
ホームインド>学ばされました〜〜

Thu2016.12.01

学ばされました〜〜

メルマガ「金剛魂」Vol.12 と同じ内容になりますが、
ブログはアイコン入れて、臨場感高めています
ご登録がまだの方は、是非こちらをクリック!!
大石敦子のメルマガ「金剛魂」


先週末から、インドに来ています。
予定していたハワイでのバケーションをキャンセルして、
来月いっぱいで使えなくなる、インドルピーの高額紙幣の両替に。

インドルピーは国外持ち出し禁止なので、
私は新札との交換を正規では出来ません。
(交換時の正規のレシート持っていれば可能です)

長年の取引先の社長に、メールで両替を頼んだら、
「YES」と返事が来たので
FEDEXで送ろうとしたら、
「止めろー!!お前が持って来い!」と
大焦りで返事が来ました。

FEDEXで送ったら、投獄されてたって( ̄Д ̄)ノ
あちゃ〜〜


ジャイプールに着いて、最初に行ったのは、
私の取引先の中でダントツ真面目で誠実な会社。
納期に遅れたことはなく、
出来ないことはハッキリ「NO」と言う。
(これが出来ない会社が多くて、結構困る)

仕事は繊細で不良品は出さず、いつも完璧。
社長には「あなた、インド人じゃないでしょ?」
って、よく言ってます。
従って、商品の値段、結構高めです。

まずはそこで、両替のこと頼んでみたら
「それは難しい」
「今回の仕入れ金額に充当してくれればいいんだけど」
と言ったら、「日付の操作が出来ないから、無理」
とハッキリNOでした。

あの仕事振りからして、
確かに、いい加減なことはやらない感じ。
なので、すぐに諦めました。

その日に数社まわって、最後に行ったのが
納期守らない、
毎回懲りずに同じ間違いをする
責め立てると「もう送った」と嘘をつく
ーという、毎度「もう2度と買わない!」と
思わせてくれる会社。
(とは言え、付き合いが長く続いているのは
 融通が利くし、値段がリーズナブルだから)

メールのやり取りしたのは、そこの社長だったので、
行ったら、あっさり
「ルピー持って来た?
はいはい、じゃあ、この分は支払いから引くね」
と、全額引き取ってくれました。


う〜〜ん、悔しいけど、学びました

長所と短所は背中合わせで、
実は本質は同じ。


同じ気質が、その時々で、
長所にもなり
短所にもなり

しかも、「良い・悪い」だって、
その時々の、勝手な自分の判断。
同じことしても、相手の受け取り方で
良くも、悪くも、なりますものね。

頭では、分かっちゃいるけど
こんな風に経験しないと、なかなか腑に落ちません。


そして私、反省しました
やっぱり、今まで、相当
自分のやり方を、高圧的に彼らに押し付けてた。

「こうすべきでしょ!!」って、
いつも上から命令してた。
私が言ったことを、少しでも外したら、
激怒して、結構暴言も吐いてたし。

だって「私のやり方がいいに決まってる」
と、思っていたから。

私にとって、それが最善のやり方だとしても、
彼らに最善と映らなかったら、人はやらない。
どんなに説明したって、
文化の違いまでは、なかなか超えられない。


翌日、朝の便でジャイプールからムンバイに行くことになっていたので、
いつもの運転手に、6:40にホテルに来るよう頼んでおきましたが、
なーんと、すっぽかされました

朝早いアポの時は、
まあ5回に1回くらいスッポかされるので
運転手に2回電話して応答無しの後、
速攻で、外のトゥクトゥク拾ってもらって
空港までぶっ飛ばしました。

ジャイプールって、北インドなので、
この時期、朝晩は結構寒いんですよ〜
トゥクトゥクなんで、吹き曝しだし(ー ー;)

でも、たった250ルピーだったので、
両替が出来ない今の時期、
100ルピー札が節約出来て良かったわ〜
としか思わなかった私。

こうやって、
人はキャパを広げて行くんですね。
良かれ、悪しかれーね。

スポンサーサイト



COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバック URL
http://ayurvedanavi.blog.fc2.com/tb.php/382-0677a86a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)