FC2ブログ
ホームFashion>ヴァンクリな夜?

Fri2012.07.06

ヴァンクリな夜?

突然、友人から呼び出されて、銀座のVan Cleef & Arpelsジュエリー・レクチャー・イベントに参加してきました。

昨日夕方5時頃、日頃はほとんど電話のない友人Jから「今、何してんの~?今晩、すごいスペシャルなレクチャーあるから来て!」と言われました。
J君はフィリピン人のお坊ちゃま(っていう歳ではありませんが。もう40過ぎてるし)で、長年世界のラグジュアリー・ブランドで仕事をしてきた男子。知り合って10年くらいかな?私がプレス・オフィスをやってた頃に、仕事で一緒にミラノ出張などもしました。

話を聞くと、本当は上顧客の方々をお招きするイベントらしく、私は来れなくなったJのお客様の代わり。Jには「ジュエリーいっぱいつけてきて!」と言われました。こんな場合は、もちろんそのブランドのものを着用するのがルールですが、私、VC&Aは持ってない それを十分知っているJは「ジュエリーはBでもCでもいいから、とにかくヨロシク」と・・・・・・・・

最近は全くパーティの類には行きませんが、昔は何かというとJ君にパーティ・エスコートをお願いしてました。だって、日本人男子で、タキシード類揃えてたり、ちゃんとエスコートができる人皆無ですから。その点、J君はお育ちがいいので、エスコートは完璧。ホントにその節はお世話になりました
なので、今回は私が助っ人しないといけませぬ

5時に電話を受けて、イベントは6時半からというので、もう即効でシャワー浴びて、メイクして、「服どうする?靴どうする?」みたいなバッタバタな状態
なんですが、まあ「代わり」だし、実際上顧客ではないので、肩の力を抜いた演出で行ってきました

場所は銀座のVan Cleef & Arpels本店
2F部分がクローズされていて、レクチャーが始まる前に、NYからレクチャーのために呼ばれたヘリテージ・コレクション部門の副社長ニコラさんなどに紹介されました。
P1000457.jpg
ニコラさんで~す  スイス人で~す
後ろにちょこっと映ってるのが、友人J

お客様はごく少なかったので(贅沢!)、ニコラさんとはいろいろ話が弾みました。
私、結局ほとんどがインドのジュエリーになってしまったのですが、ニコラさん、素早く見つけて、私に矢継早の質問。ルビーのピアスやらダイヤのバングルやら、ホントに興味深気に観察していて、やっぱりジュエリー大好きなんでしょうね~。こういうのって、うれし~!!
P1000468.jpg
つけていたのは、こんなアクセ。ボルドーのフェイスのブライトリングの時計は、ルビーのピアスやリング、ショールにリンクさせてみました。ポロシャツなのにパールです! パヴェダイヤのリングだけはBにしてみました

カルティエとかもそうですが、ヨーロッパの有名ジュエラーは、インドのものからたくさんインスピレーションを受けてデザインされているので、インドの話も尽きません。
私が手に持っていた刺繍のショールも、見た途端に「あ!これ、シャトゥーシュですね」と、さすがニコラさん、目敏いです。なんと、部下のフランス人スタッフを呼んで「これがシャトゥーシュだぞ」と教えてました。
シャトゥーシュは、ヒマラヤ地方の5000mほどの高地に生息するチベットアンテロープの柔らかい毛から織られるショールで、現在は絶滅危惧種になっているので、インド国内での販売さえ禁止されています。軽くて暖かくて美しくて、ジュエリーみたいなショール。昔買っといて良かった~!-という希少品です。
P1000471.jpg
ジャ~ン!シャトゥーシュ!家宝ですが、ガンガン使ってます

ニコラさんには、なんだかいっぱいお褒めを頂き、「ホントにinterestingな人生を送っていらっしゃいますね~」と仰って頂き、超気分いい私 でも、シャンパンは1杯だけにしときました。

そのニコラさんのレクチャーは、とても面白く、ためになるものでした。
ヴァンクリフに来る前には、オークションのクリスティーズに10年お勤めだったそうで、宝石にまつわる数々の逸話を堪能させて頂きました。コレクション・ピースのジュエリーは画像だけでも、うっとり。インドであんなもの、創ってみたいです。
招待されたお客様は10人に満たないくらい。ニコラさんは、そのためにわざわざNYからいらしたそうで、本当に贅沢なイベントでした。
J君、ありがとう!!お土産まで頂いて、何も買わなくてスマン(って、気軽に買えません!)
スポンサーサイト



COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバック URL
http://ayurvedanavi.blog.fc2.com/tb.php/39-8bea269c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)