FC2ブログ
ホーム日々のこと>読書力

Mon2012.10.15

読書力

記憶ができなくなったのと同時に、最近、読書もできません。
文字を読んでも、全然頭に入ってこない
あんだけ読書好きだったのに・・・・・・・

本を読みたい気持ちはあるので、食材を買いに高島屋に行くついでに、向かいのMARUZENに寄って、面白そうな本を買ってくるのですが、そのまま放置。
「そうだ、本買ったわ」と思い出して、お風呂に入りながら読んでみたりするんですが、目が文字を追っても頭が理解しない。
何度も同じところを読んだりしている内に、めんどくさくなって、また放置。
そんな日々なんです・・・・・・

昨日は、朝起きた時から、前頭葉頭痛がひどく、気持ちも悪いしで、一日寝てました。
この頭痛、脳の中が変わる時にくる頭痛。
おでこの前の方がピリピリ痛くて、軽い吐き気を伴います。
これがまた最近、頻繁に起こります。


25年くらい前に読んだ「脳」に関する本に、
「私達が自分の眼で見ていると思っている、目の前の映像は、実は脳(左脳?)が『これは、こうだ』と記憶しているものの再生です」
と書かれていました。
なんで、こんなにハッキリ覚えているかというと、実験してビックリしたから!
その本には、1から9までの数字の中で5か6を抜いた図があり、その図をある見方で観ると、抜いてある数字が勝手に入って1~9まで全部そろっちゃうーという実験。
「うっそ^~~~~~~!!??」と度胆を抜かれました。
脳が「数字はそろってて当たり前」と判断して、そろっていない事実を受け入れなかったということ。
そして、私達に真実を見せないということ

昨日の夜、ヴィパッサナー瞑想の体験談をいろいろ読んだら、
「目を開いたら突然、景色の見え方が変わった。自分が今まで見ていたものは何だったんだろうと思った。今見ているものこそが、本来の姿だと直感した」という記述があって、25年前の記憶が出てきました。
そう、私達に見えているものは、本当に幻想らしい・・・・・・

アーユルヴェーダ治療で、シロダーラやネートラタルパナ(眼の治療)の後に、視界がパキッと良好になることがよくあります。
これ、単に眼の疲れが取れて視力がUPしたということばかりでなく、脳が休まされて、真実が見えてきたこともあるかもね。

いかに脳を休ませて、真実を受け取るか?
しばらくは、これに取り組みます



スポンサーサイト



COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバック URL
http://ayurvedanavi.blog.fc2.com/tb.php/63-c708470e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)