FC2ブログ
ホームヴィパッサナ―瞑想>ヴィパッサナー瞑想での気付き(1)

Sat2012.11.10

ヴィパッサナー瞑想での気付き(1)

今朝は6:45に起床。
戻って初日の昨日も、同じく6:45に起きました。
実は、ダンマーディッチャ(千葉の瞑想センター)に居た時と同じ3時半にパキっと目が覚めるのですが、シャバでこの時間に起きちゃうと、1日の過ごし方をどうすりゃいいのさ~?-と悩みそうなので、もう一眠りしてます。

日常生活の中で朝夕1時間ずつ瞑想するよう言われていますが、それはもう喜んで!
今度はいつまで続くかわかりませんが、明らかに今までとは違う感覚があります。
だって、瞑想をする意味をハッキリ理解し、効果も即座に現れ、何より瞑想している時間が大切だと感じられるのですから・・・・


ダンマーディッチャでの10日間コースが始まって、まず気付いたのが、
私はとんでもない刺激中毒だということ。

「刺激」とは外から受けるもの。何かを見て反応する、聞いて反応する、五感が刺激を求めて絶え間なく動き続けます。外からのすべてのものを取り込むのに、無意識で必死になっていました。
最近「記憶できなくなった。忘れられるようになった」とブログに書きましたが、すべてを記憶していた理由は、自分の中の空白を埋めるために、外から絶えず何かを入れることが、私には必要だったのです。
記憶もそうですが、私の家の物の多さ、しかり。この家に引っ越して来る時、引っ越し業者に「お一人暮らしですが、ざっと普通の家族4人分くらいはありますね」と言われました。
自分の中が空っぽだから、物で埋め尽くす・・・・

家に居る時は、絶えずTVをつけていました。消すのは外出する時、お風呂に入る時、寝る時だけ。PC作業中も、食事時もつけっぱなしです。
TVの情報量とその種類は、刺激中毒には欠かせません。猟奇的な事件、悲惨な出来事、イケメンが出るドラマ、バカさと笑いで、絶好のヒマつぶし。
TVも麻薬で、つけっぱなしだと、ホントにつまんない番組も見出したら最後まで見る。毎週見る。昼間の再放送も欠かさず見る・・・・・・・   
朝起きたら、すぐにリモコンでスイッチON、外から戻ったら間髪入れずにON・・・・

ヴィパッサナー瞑想では、五感が何かをキャッチしても、いちいちそれに反応しないで平常心でいることを学んでいきます。
反応して、「嫌悪」(それを嫌だと思う気持ち)と「渇望」(それを好きだと感じて、もっとずっと欲しいと願う気持ち)が生じると、それが「執着」となり、「苦悩」となっていくからです。
自ら好んで、ずっと「反応」を求め続けていた私
ったく、なんなんだ~~~~~????!!!!!

それは寂しかったからです。愛されていると感じられなかったからです。

家に戻ってきて、しみじみ「あ~、物が多過ぎる」と思いました。散らかっているワケではありませんが、「なんだかゴチャゴチャしていて落ち着かない」―と感じました。改めて、どれだけの物で自分の中の空白を埋めようとしていたかを、考えさせられました。

とりあえず、TVを見るのは止めました。新聞をとっていないので、ニュースをごく短時間だけ。
昨日の朝、起きてからすぐにリモコンに手が伸びそうになって「習慣ってコワイな」と思いました。
合宿中に、「帰ったらTV雑誌を買って見たい番組だけチェックして、それだけ見るようにしよう」と考えていましたが、コンビニでTV雑誌を開いたら、買う気が失せました。びっしりと情報の嵐だったので。
コーヒーを淹れた時にTVをつけてみましたが、すぐに消しました。夜も同じ、つまんなきゃ消す。
家に静けさが戻ってきました。やっぱり心が落ち着きます。

一度に複数のことをするのも、心どこにも在らず。
今、していることを意識している―ただ、それだけ。
外から見たら、12日前と今、特に変化は見えないのでしょうが、私の心の中は全然違います。
平和です。
何かに反応しようとうする自分に、間髪入れずに「出た!」と突っ込むのが、今の楽しみです

スポンサーサイト



COMMENT

あつこさん

私も瞑想ライフキープしています。
もう瞑想している時間が幸せで満たされて・・・
これが「渇望」となってしまわぬように気をつけないとです。

貴重な体験をご一緒できたご縁に感謝しています!

くみ様

早速コメントありがとうございます。
朝晩1時間の瞑想、実はできちゃうものですね。今まで何だったんだろう?
これからも、よろしくお願いします。

あつこさん、ブログみてうれしくなりました。わたしも瞑想続けています。必要な大切な時間です。本当に一緒に体験できた御縁に感謝です。

コメントありがとうございます。
続けられている自分に、まだちょっと驚く毎日です(笑)。

アーユルヴェーダもなかなかですよ~。
機会があったら、是非お試し下さい。

TRACKBACK

この記事のトラックバック URL
http://ayurvedanavi.blog.fc2.com/tb.php/69-6411b592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)